Tibet

1997/9/4 ゴルムドへ

Pickupに乗ってチベットをゆく

9/4チベットをゆく シーニンゴルムド

7:00 とうとう旅立ちの朝だ。陳もお父さんも早く起きてまたいろいろ世話をやいてくれる。
8:30 陳と最後の別れ。一緒に朝御飯を食べる。本当にありがとう。

9:00 シーニンを出る時間が来る。予想に反して三日以上滞在した。意外と思い出深い。

上海製Pickupの田野[TENYA]四台でいざ出発だ車の旅のメンバーは私も入れて全部で六人。唯一英語がちょっとだけ喋れる青年「劉」。彼がこの陸送(このチベットへの道のりは,ラサへ車を運ぶことにある)を取り仕切っている。そして,車一台に付き一人ドライバーのおじちゃんがいて,チベットへの旅始まりだ。
11:00 チベットの入り口,日月亭に着く。写真を撮らせてくれる。けっこう写真好き。

12:00 峠で昼飯だ。ここらへんから本格的にチベットっぽくなってくる。


この辺の景色は素晴らしいの一言だ。空は澄み、一面グリーンの丘にヤクがたわむれ草をはんでいる。

13:00  青海湖が見えてきた。本当にでかい。また写真を撮る。


14:00  とにかくでかい青海湖。緑が多く、ヤクが遊ぶ。

 


青海湖をバックに写真、意外と寒い

15:00  もう一回峠を越えると延々と高地だ。 平均海抜3500mくらい。

16:00  ガス休憩。

17:00  今度は砂砂漠が広がる。

18:30  竜巻が起こる。ワシが飛んでくる。    本当に本当に何もない。 19:30  夕日がまぶしい。西に西に向かっているからだ。太陽につっこんで行くみたいだ。   
地平線に日が落ちる。

21:00  真っ暗な中ゴルムド着。  

22:00  やっと夜御飯だ。みんなでテーブルを囲んで中華を食べる。すごくきつい酒も飲まされ得た。 こういうときどんなお酒も飲めるのは強い。
23:00  明日は6:00am出発だそうだ。運ちゃんも疲れてるだろう。お休み。

1997/9/5 アムドへ

高山病と闘いながら5300mの峠を越える

9/5チベットをゆく② ゴルムド→タングラ峠→高山病→アムド

7:00 出発。よく寝れた。

     運転席に座らせてもらう。運転はしません。

8:00 岩山だらけのすごい景色だ。

クンルン山峠 4767m

9:00    とにかく道なき道をゆく。クンルン山を越える。4767mだ。

13:30この後、本当に何もない。誰もいない。悪路はハンパない。

14:00  ガス・ステーションで休憩。ここら辺から調子が悪くなってきた。      
タングラ峠5206mだ。 顔がゆがむ。

5231mのタングラ峠で

16:00  なんと車が故障。セルモーターが動かない。

18:00  もう頭が割れるようにいたく、動きがにぶく、体が寒い。気力もない。 

20:30  もう体力の限界でアムドにつく。招待所にかけ込む。
夜飯を食べる元気もない。高山病ってこんなにツライもんか。

21:30  しかし、日本人なんて見るのが初めてなチベタンばっかで,妙に注目を集める。

24:30  トイレに起きる。頭は痛いが星はキレイだ。明日は起きれるんだろうか。

Next to Lhasa


<< Xining

Lhasa >>


Back to Ktrips2 Tibet Home